ボトックス治療でエラ改善【生活の影響を未然に防ぐ】

サイトメニュー

バレずに小顔が手に入る

ウーマン

メスを使わず変化を実感

顔が大きく見えてしまう原因の一つにエラ張りがあります。この部分は骨が出っ張っている様に見えますが、実は咬筋と呼ばれる筋肉が大きく膨らみエラ張りになっている場合があるでしょう。ボトックス注射はそんな大きく見えてしまうエラ部分を解消する為におすすめの施術です。エラを解消するというと骨を削って骨格自体を小さくする骨削りを想像する人が多くいますが、施術を受けたくてもそこまで大掛かりな施術には抵抗があるという人もいるのではないでしょうか。確かに骨を削るとなると部分的に切開をする必要がありますが、ある程度ダウンタイムを取る必要が出てきます。ボトックス注射はそんな大掛かりな手間などなく、大きく膨らんだ咬筋部分に注射を打つことで簡単に気になるエラを解消することが出来るのでおすすめです。痛みに弱い方や大掛かりな施術が嫌だという方に大変向いている施術です。また、効果は施術後すぐに現れる訳ではなく、数週間かけてゆっくり現れてきます。メスを使用した施術では即効性があるものの、他の人に施術をしたことがばれやすく、出来るだけ周囲の人にばれたくないという方には向いていないかもしれません。しかしボトックス注射であれば、施術後2〜3日たってから徐々に効果が現れはじめ、ゆっくり見た目が変わっていく為、身近な人であっても気付きにくくなっています。自然にフェイスラインが引き締まっていく為、まるでダイエットしたかの様に違和感なく小顔を手に入れることが出来るでしょう。出来るだけ自然に細くしたい方におすすめの施術です。なぜこのボトックス注射でエラ張りを改善出来るのかというと、ボトックス注射にはアセチルコリンの分泌を阻害する効果があるからです。その事により筋肉が麻痺した状態になり動きを鈍らせることが出来ます。筋肉は使えば使うほど鍛えられ大きくなりますが、使わなければどんどん小さくなってしまいます。その効果を利用したのがボトックス注射です。ボトックス注射はボツリヌス菌から抽出していますが、何も恐れる必要はありません。人体に使用しても危険が出ない様に十分加工されたものを使用しているので安全に使用することが出来るでしょう。美容の分野で使われる以前から、医療の分野では顔面痙攣などに使用されており、使用量さえ間違えなければ安全性が高いものと言えるでしょう。咬筋が鍛えられてしまうとぼこっと横に出っ張ってしまいます。それが顔を大きく見せてしまう原因であり、ボトックス注射でこの部分を小さくすることで、シャープなフェイスラインを手に入れることが出来るでしょう。現在はこの効果を利用し、エラ張り改善だけではなくしわの改善や足痩せなどにも利用されており、幅広い施術で役立てられています。また施術を受ける年齢層も、男女問わず若い方から年配の方まで施術を受けており、その人気の高さを知ることが出来るでしょう。また、ホームページでも施術内容について大きく紹介しているところもあり、特化したクリニックなども出ている為、クリニックを選ぶ際は参考にすることをおすすめします。小顔になることが出来れば、これまでの悩みをすっきり解決することが出来るでしょう。もしエラ張りで悩んでいる方は、相談だけでも出来るのでぜひ一度クリニックに行ってみましょう。