ボトックス治療でエラ改善【生活の影響を未然に防ぐ】

サイトメニュー

咬筋を改善して小顔を実感

看護師

初めてでも安心施術

エラ張りを解消することが出来ることで注目されているボトックス注射ですが、初めて施術を受ける場合、分からないことも多いのではないでしょうか。このエラ張り改善で使用されるボトックスはボツリヌストキシンというボツリヌス菌からつくられたものであり、神経間の連絡を遮断する効果を持っている為、筋肉部分に注入することで筋肉の動きを抑制することが出来ます。その効果を発達したエラ部分の筋肉に注入することで筋肉の膨らみを抑えて小顔を手に入れることが出来るでしょう。ボトックス注射の効果はその他にもしわの改善やワキガ治療などにも利用されており、現在様々な施術に用いられています。エラ張り改善の場合は咬筋と呼ばれる筋肉を小さくしていきますが、筋肉を小さくすること自体に日常生活に支障がないか不安を感じる人もまいるかもしれません。エラ張り改善で小さくする咬筋は食べ物を噛んだりする際に使用する筋肉ですが、この筋肉以外にも口を動かす際は筋肉を使用しており、咬筋だけを小さくしても日常生活に何ら支障はありません。施術をする際は注射器だけで施術を行いますが、咬筋の大きさや施術後のイメージによってボトックスの注入量や注入位置を決定していきます。また、ボトックスの効果ですが永久的な効果はなく一時的なものになりますが、繰り返し施術を受けることで効果を維持することが出来るでしょう。また、何度か施術を受けることで持続期間が徐々に伸びていきます。その為、次の施術を受けるまでの期間を延ばすことが出来るでしょう。初めてボトックス注射を受ける場合、どの程度の痛みなのか不安になる人もいるかもしれません。ボトックス注射はメスを使用せずに注射器だけで効果を期待出来る施術ですが、痛みは注射を打つ際のチクッとした痛みのみです。痛みの感じ方には個人差がありますが、ほとんどの場合我慢出来る程度なので不安になる必要はないでしょう。しかしちょっとした痛みでも嫌だという場合は麻酔クリームや笑気ガスなどで対応もしてもらえるので、事前にドクターに伝えておくと良いでしょう。また、この施術はドクターの技術力が仕上がりに影響する場合もあります。腕前が未熟なドクターの場合、上手くボトックスの量や注入箇所を調整することが出来ず、想像していた効果を得られない場合もある為、施術を受ける際のドクター選びも大切です。また、エラ部分に注入した際の腫れですが、注射器だけの施術の為、そこまで大きな腫れはありません。ほとんどの場合腫れても気にならない程度であり、時間の経過と共に解消されていきます。エラ部分の筋肉が大きく膨らむと、それが輪郭まで影響してしまいます。ホームベースの様に角張った輪郭になってしまったり、いくら体が細くても顔が大きいだけでがっちりした人に見られてしまったりする場合もあるでしょう。そんな時にエラ張り改善の為のボトックス注射を受けることで、悩んでいたエラ部分をしっかり解消し小顔をつくることが出来ます。顔が小さくなれば全体的に細く見せることが出来ますし、髪形も顔を隠す様な髪形にしなくても平気です。おおしゃれももっと楽しむことが出来るので、エラ張りの悩みはボトックス注射で解消しましょう。